COUNTER

2013.6.7~1575325

【令和2年度】アクセスカウンター

2020.6.8~73618

お知らせ

絵文字:笑顔日頃より、新型コロナウイルス感染予防への対応にご協力いただきありがとうございます。
 2学期が始まり、例年とは違う生活に戸惑いを感じながらも、日々の学校生活を充実させています。各学年では、学年体育祭に向けて活動が始まり、少しずつ活気を取り戻しています。また、1・2年生は新人戦、3年生は先日の進路説明会を受けて受験モードに切り替わっています。生徒総会では、各教室で初のリモート開催でしたが無事に全員参加型の総会となりました。行事の中止が続きますが、形を変えて生徒の活躍の場を生徒・先生方が一体となって創り上げています。
 今後も、さらに学校・家庭・地域が力強いワンチームとなって、安心・安全な新しい学校生活を築き上げられるよう、ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。


緊急連絡サイトのアクセスについて
絵文字:笑顔毎月11日は、緊急連絡サイトのアクセス日になっています9月の緊急連絡サイトのアクセス数は310件で、先月より14件増え、全体の59.7%でした。ご協力ありがとうございました。また、2学期が始まり心配なことや不安なことから、生徒にも声をかけているところです。
 10月は、9日(金)から16日(金)までをアクセス日といたします。緊急連絡サイトは、緊急時にも双方向の連絡がとれるツールとして活用できます。「万が一」の時にも出先からでも連絡がとれるように、是非、ご協力ください。


緊急連絡サイト【スマートフォンのアクセス方法】
緊急連絡サイト・スマホアクセス手順.pdf 
緊急連絡サイト【携帯電話でのアクセス方法】     
緊急連絡サイト・携帯アクセス手順.pdf
 

   http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kyouikunohi/
 
 
 
このQRコードを読み取って、緊急連絡
ページにはいることもできます。
 
教育点描

2012/05/27

ラグビー部 惜敗に思う!

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
 東日本大会地区予選で、本校ラグビー部は南中学校と対戦し、健闘むなしく惜敗してしまいました。
 しかし、表彰式での大会会長からのコメントにあったように、点数差では言い表すことのできないある種の感動と可能性
を、深谷中学校の生徒たちは見せてくれたように思います。
 フォワードの激しいぶつかり合い、接点でのボールの奪い合い、チーム力など、これまでにない試合展開は、見ている
人々を夢中にさせ、ラグビーの面白さだけではなく、中学生のひたむきさに大人が感動を覚えた一瞬でもありました。

 「勝ちたい」「勝とう」という思いは、いつの試合でもあります。
 でも、勝負ですから、いつも勝てるとは限りません。「負け」ることも、将来の糧なのです。
 試合終了後のグランドで、監督の新井先生が、「ここまで連れてきてくれてありがとう」とねぎらいの言葉をかけています。
 「一歩一歩成長してきた」と努力を讃えています。本当に成長したと思います。 
 「負けた」という現実に涙し、悔しがる生徒と、次の一歩を踏み出そうと鼓舞する監督との信頼関係。ここまで頑張ってき
た生徒たちに、心からの拍手を贈りたいと思います。

 「部活動で何を教え、何を育てていくのか」という、教育の原点を見させてもらったように思いました。
 苦し戦いを終えた主将から、応援のお礼と「次は頑張ります」という言葉に、スタンドから大きな拍手が送られました。
 子どもたちの素晴らしい経験を支えて下さった多くの関係者に、改めてお礼を述べたいと思います。
                                                                                                                        ・・ ありがとうございました!
 (戦いきった生徒たち一人一人と健闘をたたえ握手する監督の姿に、目頭が熱くなりながら・・シャッターを押しました)

  
14:28